犬や猫などの小動物が身勝手な飼い主によって捨てられ、行き場を無くした動物達が餌を求め近隣に迷惑をかけたり、それらに御飯をあげる事により繁殖して被害が増大したりとペットに関わるトラブルは後をたちません。私たちNPO法人ねこほーむに寄せられるお問合せの中にもこれらの被害に関するお問合せを頂いております。また野良犬や野良猫が増える事により、下記のような信じられない事件まで発生してしまいました。ペットを飼うという事を飼い主の皆様、これから飼い主になろうとしてる方々、今一度よく考えて下さい。これ以上可愛そうなペットを増やさない為にも・・・!

 

四国愛媛新聞より  

新居浜市内の公園で2013年12月以降、残虐な方法で殺されたネコの死骸が複数見つかっていることが7日、愛媛新聞の取材で分かった。新居浜署が動物愛護管理法違反の疑いで捜査、公園周辺のパトロール回数を増やし警戒している。 同署によると、今年2月8日、近隣の女性の通報で、滝の宮公園(滝の宮町)駐車場の植え込みで死骸2体を確認。2体は脚の骨を折られ両目をつぶされており、うち1体は鋭利な刃物のような物で耳を切られていた。同署は何者かが殺したとみている。 女性によると、昨年12月にも同公園で切断されたネコの尻尾や複数の死骸を発見したほか、今年1月29日には同じ場所に箱わなが仕掛けられているのを見つけた。女性は「罪のない動物が傷つけられ、許せない」と憤っている。 市都市計画課によると、公園内での鳥獣捕獲・殺傷は市都市公園条例で原則禁止。箱わなは無許可で設置されたとみられる。