お薬の与え方

現在猫ちゃんを飼育されている方で、猫ちゃんの体調が悪くなり獣医師さんにお連れしてお薬を処方してもらっても飲んでくれない、口に入れてもすぐに戻してしまう等の事があるかと思います。
ねこほーむでもお薬が苦手な猫ちゃんがおります。
本日はそういった猫ちゃんにお薬を飲んでもらえるよう、ねこほーむ流にはなりますが、お薬の与え方をご紹介したいと思います。
錠剤タイプ
そんなに暴れなくて、手で直接あげることが出来る場合。
錠剤は、右手の人差し指と親指ではさむようにつかみます。
左手で首の上を持ち、右手の中指で、猫ちゃんの下唇において、下に下げるように口をあけます。大きく開きましたら舌の奥のほうに薬を入れます。手前の方に入れると薬を吐き出してしまいますので、少し怖いですが頑張って奥まで入れてあげましょう。
暴れて直接手ではあげられない子の場合
用意する物は、インプッターという下の写真の物になります。
IMG_5302
こちらはかかりつけの獣医さんに言えばいただけるかと思います。若しくはインターネットでも普通に購入することが出来ます。
インプッターの先に薬をはめて、猫ちゃんの奥歯のさらに奥にインプッターを入れます。たいていの猫ちゃんが嫌がってなかなかお口を開けてくれませんが、頑張って、無理矢理でも入れてあげてください。
口の中にインプッターが入りましたら、インプッターのもち手の部分を押します。そうすると先端にはさんでいた薬が押し出されます。
この際も、舌の奥に入れてあげてください。

錠剤タイプのお薬が難しい場合は、お薬を処方してもらうときに粉末状にしてもらってください。ただ、粉末状にしてしまうと、美味しくないお薬の場合は余計に食欲等が無くなり、体調を悪くしてしてしまうこともあるそうですので、獣医さんとよく相談の上、お薬の種類を決めてもらってください。

粉末状タイプ
用意する物は、太いスポイト、ヒルズのA/D缶です。
IMG_5303

IMG_5311

A/D缶に関しましては、別のウェットなタイプのご飯があればそちらでも構わないと思います。ただ、固体物がありますと、スポイトの先端で詰まりますので出来るだけムース状が良いかと思います。当ホームでは栄養価が高いということもあって毎回A/D缶を使用しております。
こちらの方は、スポイトの中にA/D缶を最初は半分くらい詰めます。詰める方法は、割り箸若しくは、スプーンの裏を使えば綺麗に詰めれます。詰めましたら、粉末状のお薬を中に入れてスポイトの中で混ぜます。その後またA/D缶を詰めて少し混ぜます。A/D缶の割合が少ないと苦くなってしまいますので、ご注意です。
IMG_5304
準備はこれで完成です。
給餌方法ですが右手でスポイトを持ち、左手で、猫ちゃんの首を持ちます。スポイトの先端を牙の奥に入れて少し筒与えていきます。一気に与えすぎると猫ちゃん自身が辛いので、少量ずつ与えてください。
それでもなかなかうまく食べてくれない場合は、鼻の下に少しずつくっつけてあげると、自分で舐めてくれます。
IMG_4073

強制給餌
強制給餌は上記の粉末状のお薬の与え方のお薬を入れずに与えてもらえば良いかと思います。
以上が当ホームでのお薬の与え方、強制給餌の方法です。
幸いなことに、この方法で何匹もの猫ちゃん達が体調が良くなり、また普通に暮らしていけることが出来ております。
猫ちゃんを飼育されている方のご参考になればと思います。