こんにちは、NPO法人ねこほーむです。
最近は更新頻度がとても少なくなってしまい毎回見てくださっている方々、本当に申し訳ございません。

10月もまもなく後半になり、徐々に秋が深まり、朝晩は気温の方もだいぶ落ち込むようになりましたね。
このような季節の変わり目は本当に体調の管理が難しく、体調を崩しやすい時期です。皆様風邪等引かぬように気をつけましょう。
さて人間もですが、猫ちゃんたちにも元気に生活してもらいたいと思います。そこで、本日は当ホームの猫ちゃん達の中で罹ることが多い、病気や疾患について、症状たっだり、予防法を出来る限る皆様にご紹介したいと思います。

猫風邪

先ずは猫風邪です。
猫風邪は、ウイルスや最近等の病原体によって風邪のような症状を引き起こす感染症のことです。
症状としては、発熱、下痢、くしゃみ、鼻水、目ヤニ等人間の風邪と近い物があります。
ただ、免疫力が低下しますので、様々な二次感染を引き起こすことがあり、場合によっては重症化することも考えられます。
また、感染力がとても強いので、風邪というよりはインフルエンザに近いのかも知れません。
ものような症状が出れば獣医師に診てもらったほうが良いかと思います。

猫ウイルス性鼻気管炎

主にヘルペスウイルスが原因で罹ってしまう事が多いです。
当ホームでもこちらは昨年何匹の猫ちゃんが罹ってしまいました。
症状としては、風邪に近い物がありますが、特に鼻水、目ヤニが凄いです。
目が開かなくなるほど、目ヤニが出ることもありました。
食欲不振にもなり、見ていて本当に辛そうでした。
通常であれば3種の混合ワクチンで予防が出来るそうなのですが当ホームの猫ちゃん達はワクチンを接種していても罹ってしまう事もしばしばございました。
やはりいくらワクチンを接種していても全ても防げるという事ではありませんね。
ただ、ワクチンを接種していれば、症状が深刻になることは少ないようです。
ヘルペスウイルスを直接退治する方法は現在のところ無いそうでして、治療方法としては、抗ウイルス剤の投与と、栄養補給による体力向上によって治療を行うようです。
また、感染症として、移ってしまう病気です。また、感染力も強いため、もし罹ってしまった場合、消毒として、猫ちゃんがいるお部屋は、塩素系の洗剤(薄めた物)をしようして、拭き掃除をしたほうが良いです。多頭飼いをしている方は特にですね!!
本日は以上になりますが、また、このように病気のご紹介をしたいと思います。
また更新致します!