フライングシンドローム/ハイライズ症候群

聞いたことある方はおられるでしょうか。これは猫が高い所から飛び降りてしまうことについた名前です。数十メートルの高さから飛び降りてしまう猫もいて、そういった猫は繰り返し飛び降ります。
飛び降りてしまう理由として、「高所に行くと遠近感が掴めず落下してしまう」「虫などに気をとられているうちに落下してしまう」などが考えられていますが、これといった理由はわかっていません。単純に高い所に登って足を滑らせて落ちてしまったなんてことだってあるかと思います。
うちは低層階に住んでいるから落ちても大丈夫と思う方も多いようですが、2階から落ちて亡くなるケースもあるため簡単に考えてはいけません。死亡数が一番多いのは3階から7階で、次に7階以上、2階~3階となっているそうです。猫は落ちている最中に体勢を整えて着地に備えることが出来ますが、着地するまでの時間が短いと体勢と整えきれずに着地して怪我をしてしまうことに繋がり最悪の場合には死亡してしまうようです。ある程度の高さがあれば体勢を整えたうえで手足を広げて皮膚を伸ばし、空気抵抗を大きくすることによって衝撃を和らげることもできるので、3階~7階よりも7階以上のほうが死亡数が少ないと見られています。
飛び降りや落下を防ぐための対策(例えばベランダにネットを張ったり)は必要だと思います。しかし住んでいるアパートやマンションによってはネットを張ることなどが禁止されているところもあるかと思いますのでそれぞれの出来る限り対策はしてあげてください。
猫の行動についてはまだ解明されていないことも多いのでこれから解明されてくれていくことに期待しています。