猫は本当に魚好きが好きなのか

猫は魚が好きというイメージがありませんか?私も小さい頃はそう思っていて、いつから何の影響でそういうイメージを持ったかは覚えていませんが、いつの間にか自分の中では当たり前のことになっていました。同じように考えている方は多いのではないでしょうか。ご存知の方からすれば何を今さらと思う事かもしれませんが、私の知人に聞いてみると結構な人数がそのイメージを持っていて当たり前でしょと言っていました。確かに魚が好きな猫も少なからず存在します。現在、日本で売られているキャットフードの大半はマグロやカツオとなど魚が原材料として使われているものが多いのですが、この「猫=魚好き」という概念は日本特有のものだというのです。実際に海外のキャットフードの原材料はビーフやチキンなどの肉が使われていることが多く、「猫=肉食」が当たり前なんだとか。ヨーロッパの猫の栄養学の本には「珍しく、日本では猫に魚をあげている」と記述されるくらいです。本来、猫はネズミなどを食べる肉食。同じネコ科のライオンやチーターなどを想像してもらうとわかりやすいかもしれません。猫が青魚だけを食べ続けると病気になり亡くなってしまうそうなのですが、問題なのは「だけ」を食べることで、たまに食べるくらいであれば何も問題はないそうです。

まとめ

魚が好きという猫は少なからず存在しますが、猫に魚ばかりをあげていると良くないということ。
もし、青魚をあげている方がいらっしゃいましたら控えた方がいいと思います。

NPO法人ねこほーむは老猫ホームなので老猫ちゃんが多く、食べ物に気を使っているのでそのような情報を随時募集しています。何かありましたらお教えいただけると助かります。