エジプシャンマウ

エジプシャンマウという猫をご存知でしょうか。古代エジプトの壁画に描かれており最古のイエネコと言われています。実際のところは定かではなく、またエジプトのカイロで発見された個体をヨーロッパで繁殖、アメリカで改良された後アメリカで品種確立されたので原産国はアメリカとちょっと微妙な感じがします。笑

見た目

三角形のような小さな頭に大きな耳、アーモンドのような形の大きな目は独特な淡い緑色の瞳をしています。体型はセミフォーリンタイプで胴体に斑点模様、額にはスカラベマークと呼ばれる模様があります。とても筋肉質で時速50km程で走ることが出来るそうです。
毛色はシルバー、ブロンズ、スモークの3種類がありますが、ブラックとブルーもいるようですが認められている毛色ではありません。ちなみに胴体の斑点模様はスポッテッドタビーといいエジプシャンマウ特有の模様で毛の下の肌も同じくスポットに色がついています。品種改良ではなく地肌まで染まっているのはエジプシャンマウだけなんだとか。

性格

活発で愛情深い性格をしていますが、繊細で臆病な面もあり人見知りをしたりします。いつも一緒に暮らしている家族に対しては懐っこく接しますが見知らぬ人が来たりすると隠れてしまうことも。
とはいえ、どの猫にだって個体差はありますけどね笑

飼育について

エジプシャンマウは賢いのでしつけやすいと言えるでしょう。
遊びも色々と出来るようになるそうで、ボールを投げて持ってくるなんてことも出来るようになるんだとか。
猫との遊びの幅が広がることは猫にとっても飼い主にとってもいいことしかないですね。
毛は短くお手入れも簡単なので、そういった面でも飼いやすい猫と言えるのではないでしょうか。
平均寿命は12才〜15才と全体平均とあまり変わりません。もちろん飼育次第では長くも短くもなるので当たり前ですがちゃんとした飼育が必要です。

NPO法人ねこほーむではまだエジプシャンマウを引き取っておらず写真が貼れないので気になる方は調べてみて下さい!