黄色脂肪症

黄色脂肪症とは、胸やお腹にたまった皮下脂肪が酸化して炎症を起こした状態のことを指し、酸化した脂肪が黄色く見えることから黄色脂肪症(イエローファット)と呼ばれます。
プライモーディアルポーチが硬くなっていたり、触られるのを嫌がるようになったら黄色脂肪症の疑いがあります。

原因

原因の多くは偏食による不飽和脂肪酸の過剰摂取によって引き起こされます。不飽和脂肪酸はサバなどの青魚に多く含まれており、これらを日常的に接種している猫によく見られます。

症状

・下腹部にしこりが出来る
・しこりの発熱
・お腹を触られるのを嫌がる
・お腹を庇うように歩く

治療

・対症療法
炎症を抑えるために抗炎症剤を投与します。
・食事療法
脂肪の酸化を抑えるためにビタミンEの投与、不飽和脂肪酸の接種を避けるためにご飯の切り替えを行います。

予防

普段のご飯を見直すことが一番の予防になります。
不飽和脂肪酸が多く含まれているものを日常的に食べていないかを確認してみて下さい。なじみ深い青魚だとサバが一番含んでいます。その他、普段食べさせているものも注意してあげて下さい。