猫の病気〜子宮蓄膿症〜

原因

子宮の頚部が緩む発情期に子宮内に細菌が入り込んむことで子宮内膜炎を引き起こします。
子宮蓄膿症とはこの子宮内膜炎が長引き、子宮内に膿が溜まってしまった状態を指します。
出産や発情が終わる事で子宮頚管がしまり、内部に子宮内膜炎の原因菌が閉じ込められて増殖してしまい子宮蓄膿症を引き起こします。

症状

・多飲多尿
・食欲不振
・下痢
・嘔吐
・発熱
・腹痛
などがあります。
また、子宮頚管が開いている場合は陰部とその周辺が排出された膿により汚れます。子宮頚管が閉じている場合は膿が排出されず子宮内に溜まり、最終的には子宮が破れて腹腔内に漏れだしてショック症状や多機能不全を引き起こし、短時間で死に至るケースもあります。

治療

・ホルモン剤投与
・子宮摘出

予防

一番効果的な予防法は避妊手術です。
定期的に妊娠、出産をしていればリスクは減りますが、出産させる予定がないのであれば早めに避妊手術をしておきましょう。