現在、日本において多くの動物が殺処分されています。これはとても残念なことであり、一刻も早く解決すべき問題です。
自治体によっては殺処分ゼロを達成しています。
熊本県熊本市が2014年に犬の殺処分がゼロになりました。熊本市動物愛護センターの職員が「嫌われ者になっても構わない」と安易な受け入れをやめて自らペットを持ち込む飼い主の説得を始め、里親探しの取り組みも行いました。職員の説得に引かない飼い主には殺処分の現場に立ち会わせることも行ったそうです。
北海道札幌市も犬の殺処分ゼロを達成し、神奈川県では犬と猫の殺処分ゼロが達成されました。
殺処分ゼロとは決して絵空事ではありません。実現出来るのです。
東京都では、小池都知事が公約の1つとしてペットの殺処分ゼロを掲げ、2016年から2年連続で犬の殺処分ゼロを達成しているとのことですが、猫の殺処分も18年度末に達成したと発表されました。
目標は2019年までに「完全」ゼロだったので予定よりも早く達成したことになります。達成したことは素晴らしいことなので、これからはずっとっずっと継続していただければなと思います。
NPO法人ねこほーむも老猫ホームとして一翼を担えるよう出来る限りのことをしていきたいと思います。