老猫ホームの役割

老猫ホームとは

老猫ホームは、飼い主さんが事情により飼育が困難になってしまった猫ちゃんを飼い主さんの代わりにお世話をする施設のことです。
施設でお世話をしている猫ちゃんによっては里親さんが見つかることがありますが、それは若い猫ちゃんの話であり老猫ちゃんの場合にはほとんどが生涯を施設でおくることになります。

里親

里親になるためには、里親募集をしている団体や個人に連絡をして猫ちゃんを受け入れることになります。
団体によっては譲渡会を開いていたりします。
しかし里親になりたいと申し出があった場合、簡単に猫ちゃんを渡すところはほぼないと思います。その理由として、申し出をした人が本当にちゃんとお世話をしてくれる人かを見極めなければならないからです。里親になるための基準は団体によって定められているため、里親になりたい方はまずどんな基準が設けられているのかを調べておくといいと思います。
また、条件は整っているにも関わらず里親になれない、猫ちゃんを譲渡してくれないということが一部ではあるようです。命が関わることなので、譲渡する側の人も慎重になりすぎてしまっているのかもしれません。大切な命を守りたいという気持ちは皆同じはずです。責任感からくることかもしれませんので、トラブルにならないようしっかりと話し合ってみて下さい。

NPO法人ねこほーむでは

NPO法人ねこほーむは、飼い主さんの代わりに猫ちゃんのお世話をすることで飼い主さんとその猫ちゃんの役に立つのはもちろんのこと、そのほかにも社会貢献・地域貢献が出来ればと考えています。
それらの総合的な結果、殺処分をゼロにしたいという想いがあります。
飼い主さんが飼えなくなってしまう猫ちゃんを引き取るだけでなく、その他ねこほーむに出来ることを日々考え実行していきたいと思います。
神奈川県など、殺処分ゼロを達成・継続しているところが日本にはあるので、このような地域を広げていき最終的には日本のみならず全世界規模での「当たり前」になることを心から望んでいます。