平成25年11月に環境省が人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト立ち上げたのをご存知でしょうか。
この取り組みは、その名の通り人と動物が幸せに暮らし優しさあふれる社会と殺処分ゼロを実現するために立ち上げられました。
これは、事業者やボランティア、NPO、飼い主、行政などが一体となり取り組みを展開・推進していくプランです。
ポイント1
飼い主及び国民の意識の向上
ポイント2
引き取り数の削減
ポイント3
返還/適正譲渡の推進

過去の事例では、
ポイント1
奈良県うだ・アニマルパークでいのちの教育、滋賀県動物保護管理センターでチャリティージャズコンサート、徳島県動物愛護管理センターで子供対象啓発活動、福岡県福岡市で犬猫よろず相談室、山口県下関市でいのちの教室、新潟県動物愛護センターで猫の多頭飼育対策及び譲渡推進普及啓発、茨城県で動物ふれあい教室、など

ポイント2
千葉県で引き取りに対する事前相談、東京都西東京市で譲渡会、東京都中央区で保護活動、愛知県豊田市でTNR活動、埼玉県で地域猫活動推進事業、千葉県千葉市で不妊手術事業、神奈川県横浜市で不妊手術事業、東京都で福祉保険医療保険政策区市町村包括補助事業・飼い主のいない猫との共生支援事業、福岡県大牟田市で野良猫の不妊去勢手術費助成事業、など
ポイント3
奈良県中和保健所動物愛護センターで迷い犬・猫ゼロ運動、愛知県岡崎市動物総合センターで猫のマイクロチップ装着推進事業、滋賀県で譲渡候補動物に対する治療協力、長野県長野市保健所で譲渡会、愛知県動物愛護センターで仲介者譲渡、神奈川県横須賀市で猫の乳飲み子の譲渡活動、静岡県で成犬譲渡の推進、大阪府豊中市で市民団体との恊働した犬猫譲渡会の開催、など

その他募金活動や動物愛護関連事業への寄付など全国各地の様々な場所で取り組みが行われています。

これらの活動はあまり周知されていない印象を受けます。こうした活動は行うことに加え、周知してもらうことも大事ではないかと思います。
活動を知らなかった人にも知ってもらうことで、同じ志を持ってもらうことが出来るかもしれません。
知ってもらい参加する人を増やしていければ殺処分ゼロへより近づけるでしょう。