可愛がっている猫ちゃんがある日突然凶暴化することがあることをご存知でしょうか。
前触れもなく突然襲われてしまうというのは、遊んでいるうちにヒートアップしてしまい強めに噛まれるとかパンチの際に少し爪が出てしまうなんてことではなく、寝ているところを狙われて噛み付かれてしまったりするのです。
もちろん、全ての猫ちゃんがそうなる訳ではなく一部の猫ちゃんに見られる場合があります。
NPO法人ねこほーむにもそうした事情から飼育が難しくなってしまったというご相談が寄せられており、これまで数匹の猫ちゃんを引き取っています。
凶暴化してしまう原因はいくつか考えられいるそうですが、何故凶暴化してしまうのか特定するのは難しいそうです。
関係の改善は不可能ではないようですが、それよりもあまりのことでとても大きなトラウマになってしまい愛猫のことが怖くて仕方ない、今までと同じように接することは出来ず飼えなくなってしまう飼い主さんも少なからずおられます。
自分が飼っている猫が自分を襲うなんて考えもしないでしょうから、そのときに感じる恐怖は計り知れずそんな気持ちになってしまうのも致し方ない気もします。
そのような時にはNPO法人ねこほーむを頼って下さい。猫ちゃんを引き取り飼い主さんの代わりにお世話を致します。ねこほーむが引き取った後でも、飼い主さんの気持ちの整理がついた、まだ怖いけど会いたくなったといったことがあればねこほーむの施設で面会がいつでも出来ます。

その他、猫ちゃんのことでお悩みの方はご相談下さい。いつでも出来るかぎりお力になります。