尋常性白斑とは、被毛や皮膚に含まれるメラニン細胞の機能不全により色素が正常に形成されない疾患です。

原因

はっきりとした原因はわかっていません。
以下は考えられる原因です。
遺伝
細菌叢の乱れ
ストレス
メラニン細胞と角質細胞の統合性喪失
コーブナー現象

治療

狭帯域の紫外線B波照射
全身への糖質コルチコイド投与
外科的な自家皮膚移植
有色素部分の脱色

注意

色が抜けてしまう以外に健康面で影響があるわけではありません。
しかし、色素が抜けたことで紫外線に対して弱くなりますので、皮膚がんになる確率が高いと心がけた方がよいでしょう。