こんにちは、NPO法人ねこほーむです。

先日、東京都国分寺市の飼い主様よりお預かりしておりますレオン君ですが、

体調が思わしくなく、嘔吐を続けておりまして、色も緑色とあまり良くない嘔吐しておりましたので

飼い主様とご相談の上、病院に行って参りました。

緑色の嘔吐というのは、胆汁の可能性が有ります。

基本的に胃液は透明です。

当ホームでの緑色の嘔吐を目にしたのは、今回が初めてのケースでした。

胆汁が出るというのは、胃、すい臓、肝臓、腎臓に何かしら疾病が有る場合または、腫瘍が一般的に考えられます。

レオン君の場合当日、嘔吐するまではとても元気におりました。

考えられるのは急性での胃腸炎だったりだそうですが、レオン君は幸い特に炎症は見られないとの事です。

抗生剤等を処方してもらい、今後も様子を見たいと思います。

 

いつもお世話の最中はスタッフにくっついて歩いてきてくれるのに、ずっとジッとしままで少し寂しい気持ちもあります。

早く元気になってくれることを切に願います。

レオン 嘔吐 2016/0923

緑色の嘔吐物です。

img_2019

病院で診てもらってる最中のレオン君。とても可愛いです^-^

 

検索キーワード【東京都国分寺市 レオン君 病院 猫 飼えなくなった 猫 預かり 生涯預かり 猫 引取り】