こんにちは!NPO法人ねこほーむです。
毎月恒例の爪切りを先日行いました。

爪切り大会

 

爪切りに関しては猫ちゃんたちから色々な反応が見られます。
1、人懐っこい性格から、普段のスキンシップの延長のようにとらえていて、嫌がるどころか好きにして〜となる
例:大田区のミーちゃん、
2、普段は人懐っこい性格で、ずっと触ってもらっていたいタイプでありながら爪切りになると隠れて出て来なくなってしまう
例:大阪市のこたろう君、新座市のさくらちゃん
3、入所当初は嫌いだった爪切りも、回数を重ねるごとに平気になってきた
例:横浜市のあーちゃん、
4、何があろうとも嫌いなものは嫌い
例:愛知県のトラちゃん、世田谷区のハルちゃん
ちなみに、4番タイプの猫ちゃんは、スタッフはもとより人間が好きではないタイプの猫ちゃんたちです。本当のところ、嫌がっているのは爪切りなのかは正直分かりません。このタイプの猫ちゃんたちの爪を切るのは少々疲れます。施設内を鬼ごっこさながら走りまわることになりますので、、

爪切りはとても大変なイベントではありますが、欠かすことが出来ないイベントです。
爪切りを怠たり爪が伸びてしまうと、喧嘩をしたときなどに怪我をしてしまうことに繋がりますし、伸び続けると巻き爪になっていき最終的には自分に刺さってしまいます。巻き爪になってしまった場合には、歩くたびに爪が床に当たりカチャカチャと音がしてとても歩き辛そうです。切るのも一苦労し、ニッパーのような物で爪を切った後に肉球に刺さった爪を抜くのですが、抜いたときに血が出て痛々しいです。
なので、毎月の爪切りは治安のために健康のために猫ちゃんとスタッフの安全のために行っています。

 

【検索用キーワード】

老猫ホーム NPO法人ねこほーむ

猫 引き取り 預かり 生涯預かり 終生飼育 代理飼育 施設

猫 飼えない 飼えなくなった 飼ってくれる団体